知っておきたい歯周病のリスク

歯周病のサインを見逃さずに おかしいな?と思ったら歯科医院へ

歯周病は、歯周病菌により歯ぐきが炎症を起こし、やがて顎の骨が溶けてしまう恐ろしい病気です。最悪の場合、顎の骨が歯を支えられなくなり、歯が抜け落ちてしまうこともあります。また、近年では歯周病菌が血流に乗って全身をめぐることで、肺炎や心臓病などの疾患や、早産を引き起こすリスクがあることもわかってきています。

歯周病は「沈黙の病気」とも言われるほど自覚症状が少なく、その進行に気づきにくい病気でもあります。気づいたときにはかなり進行していたというケースも少なくありませんので、少しでも違和感を覚えたらお早めに当院までご相談ください。

歯周病の原因は?

歯周病の直接的な原因は、歯周病菌や、その歯周病菌が潜むプラークやバイオフィルムです。それに加えて、糖尿病などの全身疾患や喫煙などの嗜好、生活習慣が歯周病を引き起こしたり、悪化させる間接的な原因となったりする場合もあります。また、精神的ストレスが免疫機能を低下させ、その結果歯周病にかかりやすくなるなど、全身の状態と深く結びついているのが歯周病の大きな特徴です。

そのため、歯周病を予防・治療していくためには、お口をキレイにすることはもちろん、全身の健康状態を整え、規則正しい生活を送ることも重要だと考えられています。せんげん台・武里のしまむら歯科クリニックでは、生活習慣のアドバイスなども行っていますので、どのようなことでもお気軽にご相談ください。

歯周病セルフチェック

ブラッシング時に歯ぐきから血が出る YES   NO
歯の間に食べかすがはさまりやすくなった YES   NO
硬いものを食べると歯ぐきが痛む YES   NO
歯ぐきが赤く腫れている YES   NO
歯ぐきが下がり、歯が長く見える YES   NO
朝起きたときに口の中がネバついている YES   NO
口臭が気になるようになった YES   NO
歯が浮いているような感じがする YES   NO
歯ぐきから膿が出る YES   NO
歯がグラグラする YES   NO

チェック結果を見る

歯周病の進行段階

進行段階 症状

歯肉炎

歯肉炎
歯ぐきに炎症が起きている状態。ブラッシングの際などに出血しやすくなります。歯周ポケット(歯と歯ぐきの境目の溝)の深さは、3mm程度です。

軽度歯周炎

軽度歯周炎
顎の骨が溶けはじめた状態。歯ぐきが腫れ、ブラッシングの際に出血が見られるだけでなく、冷たい水がしみたり、口臭が出たりします。歯周ポケットの深さは、4mm程度です。

中等度歯周炎

中等度歯周炎
顎の骨が半分くらい溶けた状態。歯を指で押すとグラつきます。歯ぐきの腫れや出血に加え、歯が浮くような感じがしたり、口臭が強くなったりします。歯周ポケットの深さは、6mm程度です。

重度歯周炎

重度歯周炎
顎の骨の3分の2以上が溶けた状態。歯のグラつきがひどくなります。歯ぐきが下がり歯根が露出し歯が長く見えたり、歯と歯ぐきの境目から膿が出て口臭がよりきつくなったりします。この状態を放置すると、最悪の場合、歯が抜け落ちます。歯周ポケットの深さは、8mm程度と非常に深くなります。
ブラッシング指導

初期の歯肉炎であれば、正しいブラッシングを続けることで改善が見込めます。ご自宅でのケアの質を高めていただくため、効果的なブラッシング法を丁寧にレクチャーします。

スケーリング・ルートプレーニング(SRP)

スケーラーという専用の器具を用いて、歯の表面に付着した歯石を削りとります(スケーリング)。その後、スケーリングで取りきれなかった歯周ポケット深くの歯石を掻きだすルートプレーニングを行い、歯の表面をツルツルに仕上げます。

フラップ手術

歯周ポケットが深く、SRPでもすべての歯石を取り除けない場合は、歯ぐきを切開してめくり、歯の根っこを露出させた状態でクリーニングを行います。

PICK UP プラークコントロールが大切です

歯周病の最大の予防法は、お口の中に歯周病菌のすみかをつくらないこと。つまり、プラークコントロールがとても重要です。当院では、予防歯科に力を入れ、ブラッシング指導や定期的なクリーニングなどで、患者様のプラークコントロールをお手伝いしています。歯周病を予防したいという方は、ぜひ当院にご相談ください。

当院の予防歯科はこちら

  • ページの上部へもどる