審美歯科で歯をキレイに

セラミック治療やホワイトニングで、自慢したくなるようなキレイな歯を

審美歯科とは、銀歯をセラミックなどの白い素材に取り替えたり、黄ばみや黒ずみをホワイトニングでキレイに除去したりする診療メニューです。基本的には歯の見た目の美しさを重視した治療を行いますが、それと同時に、歯の機能性も重視した治療を行うのが審美歯科の特徴。より美しく、より機能的な歯を目指す女性を中心に、近年では、年齢や性別問わず人気を集めています。

セラミックを用いたメタルフリー治療について

ムシ歯治療などでお口の中に金属の詰め物や被せ物があるという方も少なくないと思いますが、これらのいわゆる銀歯は目立ってしまうばかりか、人によっては金属アレルギーの原因になることがわかっています。原因不明のかゆみや肩こり、頭痛、倦怠感に悩まされている方は、銀歯が原因かもしれないのです。

そこで行うのが、銀歯を使わないメタルフリー治療です。金属の詰め物・被せ物をセラミックなどの非金属に交換することで見た目を向上させ、金属アレルギーのリスクのない口内環境を実現します。

当院の取り扱い素材

ジルコニア

ジルコニア
セラミックの被せ物を作製する際に、セラミックの内側に用いる素材です。ジルコニアはダイヤモンドに匹敵するほどの強度があり、優れたしなやかさを併せ持つため、丈夫で長持ちします。

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック
詰め物や被せ物に使用される素材で、セラミックにレジン(歯科用プラスチック)を混ぜ合わせてつくられています。保険適用のレジンに比べて見た目や強度に優れ、レジンならではのしなやかさを併せ持っています。

メタルボンド

メタルボンド
セラミックの内側に金属を用いた被せ物です。金属を使用するため、金属アレルギーの方にはおすすめできませんが、見た目は白く美しく仕上がります。また、金属の耐久性を活かして奥歯など強く力がかかる箇所にも使用できます。

ホワイトニングについて

ホワイトニングとは、歯に安全な薬剤を塗布し、歯を内側から漂白する方法です。歯を削らずに白くできる方法として、近年、多くの方に利用されています。

なぜ歯は黄ばんでしまうの?

なぜ歯は黄ばんでしまうの?

歯が黄ばんでしまう理由は主にふたつあります。ひとつは、色の濃い食べ物や飲み物、タバコなどの摂取による着色です。そしてもうひとつが、加齢による歯の変色です。歯の表面のエナメル質の下には黄褐色をした象牙質があり、この象牙質の色が濃くなったりエナメル質が薄くなったりすることで、歯が黄ばんで見えるようになるのです。

なお、こうした加齢による黄ばみもホワイトニングで解消できます。せんげん台・武里のしまむら歯科クリニックでは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングという2種類のホワイトニングを取り扱い、患者様に適した方法をご提案しています。歯の黄ばみが気になるという方は、お気軽にご相談ください。

術前

術後

オフィスホワイトニングとホームホワイトニング
 

オフィスホワイトニング

ホームホワイトニング

方法 歯科医院で行うホワイトニングです。高濃度の薬剤を歯に塗布し、特殊な光を照射して薬剤の効果を高めながら歯を白くします。 ご自宅で行うホワイトニングです。歯科医院で作製した患者様専用のマウストレーに、低濃度の薬剤を塗布し、一定時間歯に装着して歯を白くします。
メリット
  • 短期間で効果が実感できる
  • 歯科医院で行うので安心感がある
  • 白さが長持ちする
  • 好きな時間に施術ができる
デメリット
  • 色が元に戻りやすい
  • 歯科医院に通う必要がある
  • 効果が実感できるまで時間がかかる
  • 自分で施術する手間がある
注意点 ホワイトニング終了後48時間は色の濃い食べ物や飲み物、タバコは控えてください。 ホワイトニング終了後1時間は色の濃い食べ物や飲み物、タバコは控えてください。また、マウストレーの洗浄時にはお湯の使用を避けてください。
  • ページの上部へもどる